FC2ブログ

金櫻神社・宮本地区鎮火祭 

イベント
12 /02 2018
金櫻神社・宮本地区鎮火祭 

今日は金櫻神社・宮本地区鎮火祭が執り行われました。
今回の鎮火祭はこうふ開府500年を記念してのイベントにもなっていたので、甲府市長の樋口雄一様にもご列席頂きました、また一般の方々も今回の鎮火祭を楽しみに来て頂いていましたよ。
鎮火祭は少し曇り空な感じもしましたが、太陽も所々顔を出してくれ、天狗山に登った際には富士山も姿を見せてくれました。

ここ数年この鎮火祭の取材をさせて頂いている管理人ですが、今回は例年以上に多くの方にお越し頂けてとても嬉しかったです。
火災防止のこの神事。これから空気が乾燥する季節となります。
どうぞ火の元には十分注意して日々をお過ごし下さいね。

20181202 鎮火祭 (27)
20181202 鎮火祭 (25)
20181202 鎮火祭 (15)
20181202 鎮火祭 (11)
20181202 鎮火祭 (9)
20181202 鎮火祭 (6)
20181202 鎮火祭 (4)

12月1日 富士山方面のライブカメラ画像

ライブカメラ画像
12 /01 2018
おはようございます(#^.^#)
12月1日(土)の朝です。
今日も富士山が綺麗に見ています。
さて、今年も残すところ後1か月となりました。
皆さんは今年どんな1年を過ごされて、残り1か月をどのように過ごす予定ですか?
今年が悔いのない納得に行く年になると良いですね。
画像は6時30分台富士山方面のライブカメラ画像です。

20181201富士山方面のライブカメラ画像

富士山方面のライブカメラ画像 11月30日

ライブカメラ画像
11 /30 2018
おはようございます(#^.^#)
11月30日(金)です。
今年も残すところっていう言葉がそろそろ出始める時期になりましたね。
さて、画像は11月最後富士山方面のライブカメラ画像です。撮影は6時30分台です。
今週初は晴れの予報です。
管理人は明日本職のお仕事がありますが、午後から仕事をしつつ金櫻神社へ取材に行きます。
なぜって・・・12月2日は金櫻神社で鎮火祭と執り行われるからです。
今年はこうふ開府500年を記念してそのイベントの1つにも選べれているので、賑やかになりそうですよ。
皆様もお時間が合う方は、12月2日(日)午前11時から執り行う鎮火祭を見にお越しくださいね。

20181130富士山方面のライブカメラ画像

富士山方面のライブカメラ画像 11月28日

ライブカメラ画像
11 /28 2018
おはようございます!
朝からいい天気だと思ったのですが、午後は天気が下り坂だそうです。
週末は晴れてお出かけ日和というのが今朝の天気予報。
午前中晴れている間に外作業を頑張り、午後は事務所でゆっくりしたいと思っている管理人。でもきっと然うは問屋が卸さないってことになるんだろうな~。
さて、画像は本日6時50分台富士山方面のライブカメラ画像です。
かなり幻想的だったのでUPしました(#^.^#)
外作業をされる方は午後の雨にご注意くださいね。

20181128 富士山方面のライブカメラ画像

金櫻神社の鎮火祭

イベント
11 /26 2018
金櫻神社の鎮火祭

※今年の鎮火祭は
2018年12月2(日)午前11時より

今回はこうふ開府500年を記念して12月のイベント情報にも掲載されています。
掲載内容としては、「開府500年」をきっかけとして地域の歴史を探して見よう!というイベントになります。
2018年12月のイベント情報
一般の方も鎮火祭を見ることが出来ますので、これを機会にぜひ金櫻神社へお越しください。

金櫻神社の鎮火祭について

昭和30年の神社大火以来、この御岳の地宮本地区によって行われている行事でした。
ここ数年は金櫻神社にて鎮火祭の祭事を行うようになりました。

毎年消防団員が中心になり、境内から生竹を切り出し、それで神輿をつくり、神社の向山天狗山に奉納します。そこで富士山に向かって、この御岳の里の太平を祈願し火の神様を鎮める行事です。

鎮火祭の準備は当日まで行われます。
神輿は藁で綯う作業と竹で支柱を作る作業があります。
藁を綯う作業は数日間かけて行っています。

当日は砂、ワカメ、塩、水等が準備されて神事が執り行われます。
境内での神事が終わるといざ天狗山へ。
以前消防団の方は天狗山に登る前、稲積神社(金櫻神社階段途中にある)にお参りをしていたそうです。
天狗山までの道のりは険しくて危険です。手作りの神輿が壊れないように崖を登ります。
天狗山へたどり着くと富士山方面へ神輿を向けます。
この時神輿の角度が少しでもずれると、大風が吹くと言われているので、必死に角度調整をします。
しっかりと角度が決まったら、ここでも神事が執り行われます。

さて、ここまできたら安心と思いきや、下りは登りと別ルートを帰らないとならないので、登りよりも大変なことになります。
神輿が無い分楽ではありますが、一度滑ると止まらないという急斜面を下ります。

山を下って来て、道路が見えるとやっとほっとします。
このような行事を欠かすことなく行ってくださっている方々に感謝しつつ、これからも続けて行って欲しいと思っています。

※画像は2017年12月3日撮影の物です。順不同
2017年鎮火祭 (7)
2017年鎮火祭 (6)
2017年鎮火祭 (1)
2017年鎮火祭 (5)
2017年鎮火祭 (4)
2017年鎮火祭 (3)
2017年鎮火祭 (2)

shosenkyokankou

昇仙峡の観光を定期的に発信していきます。ご旅行の計画の参考になりますように。
昇仙峡は甲府市と甲斐市にまたがっています。それぞれの情報も発信しています。