「マウントピア黒平」のご紹介

「マウントピア黒平」のご紹介
今日は、海抜約 1,000mに位置する甲府市最北の集落「黒平町」(くろべらちょう)にあります「マウントピア黒平」さんへお邪魔させて頂きました。
行きは荒川ダム方面からアクセス。
帰りは金櫻神社方面へ向かって帰ってきました。
荒川ダム方面からよも帰り道の方が運転しやすかったですね。
幅員も帰りの方が少し広く、待避所も多かったように感じます。
でも下りが多く、カーブも多かったので、金櫻神社方面から行くとちょっと辛いかも(^^;)
さて、施設のご案内です。
マウントピア黒平は、コテージ10棟を備えた宿泊施設となります。
バーベキュー棟や炊事棟もあります。
小川も流れているので、ちょっと水遊びもOK。
アスレチック的な遊具もありました。管理棟では食事もできます。
もちろんこの季節に嬉しいソフトクリームもあります(#^^#)
しっかり娘はソフトクリームを頂いていました。
周辺には本当に自然だけです。家族で沢山遊べて、自然を満喫できる場所にあります。普段自然と接することが少ない方や運動不足の方にお勧めですね。
ちなみにこちらの場所は「黒平ほうとう祭り」の会場でもあります。昨年が第25回。今年は第26回ですよ。情報が入り次第ご案内させて頂きます。
マウントピア黒平へのお問い合わせ
住所 〒400-1211 山梨県 甲府市 黒平町 623-1
電話 055-287-2201
ファクシミリ 055-287-2201
マウントピア黒平公式HP

マウントピア黒平 総合案内施設
マウントピア黒平 総合案内施設

マウントピア黒平  曲がる目印 荒川ダム方面から (1)
マウントピア黒平  曲がる目印 荒川ダム方面から

マウントピア黒平曲がる目印 荒川ダム方面から
マウントピア黒平  曲がる目印 荒川ダム方面から

マウントピア黒平案内板
マウントピア黒平案内板

マウントピア黒平 たかやばし
マウントピア黒平 たかやばし

マウントピア黒平  河川敷
マウントピア黒平  河川敷

マウントピア黒平総合案内施設施設への階段
マウントピア黒平総合案内施設施設への階段

マウントピア黒平 バーベキュー棟
マウントピア黒平 バーベキュー棟

マウントピア黒平 炊事棟 (2)
マウントピア黒平 炊事棟 外観

マウントピア黒平 炊事棟 (1)
マウントピア黒平 炊事

マウントピア黒平 コテージ カワセミ
マウントピア黒平 コテージ カワセミ

マウントピア黒平 林間広場 (4)
マウントピア黒平 林間広場

マウントピア黒平 林間広場 (1)
マウントピア黒平 林間広場

マウントピア黒平 林間広場 (2)
マウントピア黒平 林間広場

マウントピア黒平 林間広場 (3)
マウントピア黒平 林間広場

マウントピア黒平 ソフトクリーム
マウントピア黒平 ソフトクリーム

宝石ひろい

暑い!ですね~。
今日は夏バテしそうな位暑いと感じている管理人です。
さて、午後から昇仙峡へちょっと行ってきました。
日曜の午後なのでお客様どうなか~と思っていたいのですが、結構いらっしゃいましたよ。
水晶街道を昇仙峡ロープウエイから仙娥滝の方へ歩いて行くと、甲斐水晶工芸滝上店さんがあるのは以前ご紹介しましたが、今日は社長がいてくれたので再度立ち寄らせて頂きました。
そしたら、「宝石すくいをやっていきなよ」と勧めて頂き、娘と一緒に楽しんできました。
虎目石・紅水晶・黄水晶・紫水晶・茶水晶・ラピスラズリ・水晶原石・オニキス・スモーク水晶・赤メノー・黒曜石等。
多くの種類をGETできて娘も私も大喜び(#^.^#)
子供よりも大人の方が楽しんでるんだよね~と社長が言ってました。
※宝石すくい 指定キャップ 2杯500円 です。
甲斐水晶工芸滝上店住所
〒400-1217 山梨県甲府市猪狩町384-1
TEL 055-287-3002
※昇仙峡ロープウエイやクリスタルサウンドの入口では水が自動でまかれていました。涼しげでつい側に行きたくなってしまいました。カメラ持っているので近寄れないでしょ(笑)と自分で自分に突っ込みを入れる管理人。

甲斐水晶 宝石ひろい すくっている様子
甲斐水晶 宝石ひろい すくっている様子

甲斐水晶 店舗前の様子
甲斐水晶 店舗前の様子

甲斐水晶 宝石ひろい すくいあげた様子
甲斐水晶 宝石ひろい すくいあげた様子

甲斐水晶 宝石ひろい 水晶を拾っている様子
甲斐水晶 宝石ひろい 水晶を拾っている様子

甲斐水晶 宝石ひろい 拾った水晶
甲斐水晶 宝石ひろい 拾った水晶

甲斐水晶宝石ひろい
甲斐水晶宝石ひろい 選別した水晶

クリスタルサウンドい入口でまかれている水
クリスタルサウンドい入口でまかれている水

昇仙峡ロープウエイ入口でまかれている水
昇仙峡ロープウエイ入口でまかれている水

わんぱく広場
わんぱく広場 今日もみんな楽しんでいるようでした(#^^#)

「つけものセンター 昇谷」さんのご紹介

影絵の森美術館の後、橋を渡り右へ(昇仙峡ロープウェイ方面)行くとすぐ右手にあります。
キムチのレプリカに誘われて店内へ・・・。
お話し好きなスタッフの女性と沢山お話をさせて頂いていると、お客様が次から次へと・・・繁盛してますね~(#^.^#)
さて、ここから本来のご紹介。
秘伝ダレの絶品キムチ創業20年。こだわりの国産野菜と秘伝のタレで作ったキムチは、クセになる美味しさです。
試食もできるので嬉しいですね。お勧めは山芋キムチだそうです。
私も食べてきました。美味しかったです!でもチャンジャも食べたかったな~。買いたかったな~。取材以外で行ったら買おう!


住所 甲府市猪狩町379-1
TEL 055-287-2087
営業時間 9:00〜17:00
定休日 年中無休
昇谷 外観
昇谷 外観

昇谷 店内入口
昇谷 店内入口

昇谷  入口 大黒様
昇谷  入口 大黒様

昇谷 入口にあるキムチレプリカ (2)
昇谷 入口にあるキムチレプリカ

昇谷 商品 (5)
昇谷 商品

昇谷 商品 (4)
昇谷 商品

昇谷 商品 (3)
昇谷 商品

昇谷 商品 (2)
昇谷 商品

昇谷 商品 (1)
昇谷 商品

昇谷 昇仙峡名水パネル
昇谷 昇仙峡名水パネル

昇谷  材料の案内
昇谷  材料の案内

昇谷 ざくろ果汁100%
昇谷 ざくろ果汁100%

昇仙峡森の駅で見つけたはちみつ

森の駅に立ち寄りました。
入ってみるとはちみつに関する商品が沢山!
そうここは特製【アカシアハチミツ】の販売店だったんですよ。
ちょうど6月に新蜜がとれるそうで、今が一番美味しい時だと教えてもらいました。
はちみつレモンソーダを頂きましたが「美味しい!飲みやすい!」であっという間に飲み終えてしまったら一緒に行った娘が悲しそうな顔を・・・「もしかして飲みたかった?」「うん・・・」って。あらごめん。ソフトクリームを食べていたので味見だけさせてあげて後は私のお腹の中に入ってしまいました。
ちなみに普通のソフトクリームはコーンですが、はちみつソフトはカップです。何故?って聞いたらスタッフの男性がにっこり笑って「溶けるんです」と。なるほど!でも食べている人見てもそれほど溶けていないような・・・。あ・・・食べてみれば良かったかも。
ま~次回のお楽しみということで。
他にも色々販売されています。はちみつかりんとうにはちみつ大福等々。全部ご紹介してしまうと楽しみが減ってしまうのでこの辺で終わりにしておきますね。
場所は影絵の森美術館隣。併設されています。
〒400-1214 山梨県甲府市高成町1035-2
昇仙峡森の駅 特製【アカシアハチミツについて】

影絵の森美術館  森の駅入口
影絵の森美術館  森の駅入口

昇仙峡森の駅 ハチの巣 本物 触らないでね
昇仙峡森の駅 ハチの巣 本物 触らないでね

昇仙峡森の駅  山梨県産 自社提携養蜂園 案内
昇仙峡森の駅  山梨県産 自社提携養蜂園 案内

昇仙峡森の駅  館内の様子 (3)
昇仙峡森の駅  館内の様子

昇仙峡森の駅  はちみつ工房
昇仙峡森の駅  はちみつ工房

昇仙峡森の駅 生はちみつレモンソーダ (1)
昇仙峡森の駅 生はちみつレモンソーダ

昇仙峡森の駅  生はちみつレモンソーダ案内板
昇仙峡森の駅  生はちみつレモンソーダ案内板

昇仙峡森の駅 ソフトクリーム バニラ
昇仙峡森の駅 ソフトクリーム バニラ

昇仙峡森の駅 生はちみつソフトはカップです
昇仙峡森の駅 生はちみつソフトはカップです

昇仙峡森の駅  館内の様子 (6)
昇仙峡森の駅  館内の様子

昇仙峡森の駅  お土産はちみつ大福
昇仙峡森の駅  お土産はちみつ大福

昇仙峡森の駅  館内の様子 (4)
昇仙峡森の駅  館内の様子

「昇仙峡影絵の森美術館」のご紹介

こちらの美術館は『世界的 影絵の巨匠』藤城清治氏が自ら監修・設計した、世界で最初の影絵美術館です。作品がより美しく見える様、自然光の入らない地下に展示室が設けられています。
今回は、第1展示室(藤城清治展)の2点を撮影をさせて頂きました。
※特別に撮影させて頂いておりますので、無断転載はご遠慮ください。
館内を見学した後は売店でまた楽しめます。飾ってあった作品はポストカードやハンカチ、パズルなどに加工されて販売されています。
何度も見たくなる作品の数々。幻想的な雰囲気がお気に入りでです(^^♪
また、お客様により一層楽しんで頂くために、車椅子やスロープ、ペット同伴OKとなっているところも嬉しいですね。
併設されている和風レストラン花仙両では影絵を鑑賞しながらお食事が出来るよう工夫されているようです。
渓谷を堪能した後はこちらでゆったりとお休み頂けそうですね。
※森の駅の情報は後ほどご紹介します。お楽しみに~。

昇仙峡影絵の森美術館
開館時間:午前9時~午後5時   年中無休
大人800円 中学・高校生500円
小学生400円 園児200円
※障害者割引・団体割引有
〒400-1214 山梨県甲府市高成町1035-2
Tel.055-287-2511  Fax.055-287-2513
公式HP 昇仙峡影絵の森美術館

影絵の森美術館  第1展示室(藤城清治展) コスモスと小人
コスモスと小人

影絵の森美術館  入口 (1)
影絵の森美術館  入口

影絵の森美術館  入口 (2)
影絵の森美術館  入口

影絵の森美術館  第1展示室(藤城清治展) (10)
絵の森美術館  第1展示室(藤城清治展)

影絵の森美術館  第1展示室(藤城清治展) (16)
絵の森美術館  第1展示室(藤城清治展) 鏡に映る様子を撮影しています。

影絵の森美術館  第1展示室(藤城清治展) (19)
絵の森美術館  第1展示室(藤城清治展) 鏡に映る様子を撮影しています。

影絵の森美術館  第1展示室(藤城清治展)  コスモスと小人 (4)
影絵の森美術館  第1展示室(藤城清治展)  コスモスと小人

影絵の森美術館 売店の様子
影絵の森美術館 売店の様子

影絵の森美術館 ハンカチ
影絵の森美術館 ハンカチ(コスモスと小人)

影絵の森美術館 ポストカード大をフレームに入れた状態
影絵の森美術館 ポストカード大をフレームに入れた状態(コスモスと小人)

影絵の森美術館 絵葉書
影絵の森美術館  絵葉書

影絵の森美術館  絵葉書
影絵の森美術館  絵葉書

影絵の森美術館  パズル (1)
影絵の森美術館  パズル

影絵の森美術館  パズル (2)
影絵の森美術館  パズル

影絵の森美術館  オリジナルのお土産
影絵の森美術館  オリジナルのお土産

影絵の森美術館 和風レストラン花仙両
影絵の森美術館 和風レストラン花仙両
プロフィール

shosenkyokankou

Author:shosenkyokankou
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR