夫婦木神社姫の宮のご紹介

お店のご紹介
06 /18 2016
「夫婦木神社」には上宮と下宮があります。
金櫻神社さんの手前にあるのが上宮で昇仙峡ロープウェイの近くにあるのが下宮です。
※一口メモ:夫婦木神社では自然にできた男性器そっくりの巨木が御神木でしたが、この姫の宮は女性器そっくりの巨木をお奉りしています。男女が参詣してお祈りすると結ばれ、子供の欲しい夫婦がそろって祈願すれば授かるといわれます。

鳥居は珍しく白でした。
看板には
御祭神:
天宇受売命(あめのうずめのみこと)
市寸島比売命(いちきしまひめのみこと)=妙音弁財天
神功皇后命(じんぐうこうごうのみこと)=息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと)
柿本人麻呂命とかかれてます。
階段を上る手前右側にちょっと気になるものがあって覗いてみました。
「柿本人麻呂」の看板と巨大な岩。撮影するのをちょっと躊躇した私でした・・・。なぜだろう?
※後でわかったことですが、宮司さんがこの場所で撮影した写真を見せて頂いたら「オーブ」が映り込んでいました(´;ω;`)

そのあと、妙音弁財天・御神水・龍水占い・夫婦石等々たくさん撮影させて頂くことができました。
またたくさんのご説明もあり頭がパンクしそうになりましたよ(笑)
ちなみに一番インパクトがあったのが、御神木からヒノキの香りがしたということです。伐採されていてもう何年もたっているんですけどね~。どうしてなのか謎だそうです。
ちなみにご説明頂いた宮司さんは・・・白いお髭の仙人みたいな宮司さんでした(#^.^#)
ここでご説明頂いたことをご紹介したいところですが、あまりにも面白いのであえて書くのを止めておきます。
気になる方は一度足を運んでみてくださいませ~。
※画像に一部コメントがありますので、良かったら下まで見てくださいね。

白い鳥居
白い鳥居

「柿本人麻呂」の看板と巨大な岩 (1)
「柿本人麻呂」の看板と巨大な岩

「柿本人麻呂」の看板と巨大な岩 (2)
巨大な岩の中

御祭神 看板
御祭神 看板

御手洗場。龍の口から水が出ていました。
御手洗場。龍の口から水が出ていました。

拝殿入口
拝殿入口

妙音弁財天
妙音弁財天

御神水 右側にはザルが置いてあるので、銭あらい弁天です
御神水 右側にはザルが置いてあるので、銭あらい弁天です。

龍水占い
龍水占い
こちらの神社で一番パワーがある場所だと説明頂きました。

名工左甚五郎 (2)
名工左甚五郎

名工左甚五郎 (1)
名工左甚五郎

御神体
御神体

夫婦石 (2)
夫婦石

夫婦石 (1)
夫婦石

アマノウズメノミコト像のが乗っている切り株 (2)
アマノウズメノミコト像のが乗っている切り株

アマノウズメノミコト像のが乗っている切り株 (1)
アマノウズメノミコト像のが乗っている切り株

神功皇后命(じんぐうこうごう)
神功皇后命(じんぐうこうごう)

子授け祈願産 (2)
子授け祈願産

子授け祈願産 (1)
子授け祈願産

御朱印
御朱印


拝殿からの空
この方向にUFOが飛来するみたいですよ。

南極の石
南極の石

猪目
猪目 ハート形していますが、これは猪目というもです。
猪や獣の目をモチーフとした由来では、獣の目力で魔除けの意味だと言われています。
また招福の意味もあるとも言われております。
鬼瓦の下の部分にある場合、この部分を建築装飾で懸魚(げぎょ)と言いますが、魚がついていることから、火事除けの想いも入っているのだと言われています。


夫婦木神社姫の宮
住所:〒400-1217 山梨県甲府市猪狩町300
電話: 055-287-2222
駐車場:あり
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

shosenkyokankou

昇仙峡の観光を定期的に発信していきます。ご旅行の計画の参考になりますように。
昇仙峡は甲府市と甲斐市にまたがっています。それぞれの情報も発信しています。