昇仙峡竹あかり

イベント
08 /27 2017
こんにちは(#^^#)
今日はそれほど気温も上がらず、過ごしやすい日になりましたね。
さて、夏休みも終わりちょっとネタ不足の管理人です。
そこで秋のイベントをご案内しておきます。
「昇仙峡竹あかり」
期間:平成29年10月20日(金)・21日(土)・22日(日)
時間:17時~20時30分
和楽器ライブ:第1回18時30分~
         第2回19時30分~
約3000個の竹灯ろうが秋の昇仙峡をやさしく包みます。
交通のご案内
マイカーの場合:甲府駅より25分、湯村温泉郷より20分、石和温泉郷より40分
※カーナビには電話番号「055-287-2055」を入力して頂き「水晶工芸館 龍水堂」を目指してお越しください。
その他詳細は分かり次第UPさせて頂きます。

竹灯かり2017 (2)

竹灯かり2017 (1)
スポンサーサイト

今日の昇仙峡

夏の昇仙峡
08 /19 2017
こんにちは。
午前中昇仙峡へ行ってきました。
今日は天気も良く、セミの鳴き声が聞こえてきたので、まだ夏で良かった(^^;)と思った管理人です。
さて、わんぱく広場では、雨の影響で川が増水しています。
これは川に入ったら絶対濡れるという感じでした。
遊ぶ際は、ぜひお着替えをご持参くださいね。
※開催期間:2017年7月22日(土)~8月20日(日) 

20190819わんぱく広場 (1)

20190819わんぱく広場 (2)
20190819 覚円峰

20190819 長潭橋

昇仙峡馬車 歴史に幕

お知らせ
08 /15 2017
本日山梨日日新聞で記事に取り上げて頂きました。
70年観光を支えた馬車。
後継者不足もあり、今回終了となりました。
昇仙峡の玄関口長潭橋から昇仙峡の能泉地区まで渓谷道を歩いてくれた馬車。
最盛期にはこの玄関口は観光客の皆様で賑わっていました。
しかし、馬車が無くなると、中々訪れて頂けないかもしれません。しかし現在架け替え工事が進んでいる昇仙峡の玄関口に位置する長潭橋は、昇仙峡の象徴的な構造物であり、現存する最古のコンクリートアーチ道路橋として近代土木遺産に選定されています。
新しい橋が架かっても、現存する長潭橋は歩道橋として残ります。
馬車は残念ながらお終いになってしまいましたが、昇仙峡へお越しの際は、ぜひ昇仙峡の玄関口長潭橋へお立ち寄り頂きたいと管理人は切に願います。皆様のお越しをお待ちしております。

DSC_0153.jpg
山梨日日新聞 記事

20170709長潭橋
長潭橋 7月9日撮影

昇仙峡 馬車 廃業のお知らせ

お知らせ
08 /11 2017
先ほど昇仙峡観光協会事務局の方より、先日昇仙峡で最後まで頑張ってくれていた馬車が廃業したと教えて頂きました。
昇仙峡から馬車が無くなってしまったのは管理人としてもとても寂しい限りです。
これまで多くのお客様を乗せて渓谷道を歩いてくれた馬も年々減りとうとう最後の1台となっておりました。
昔は管理人の実家の隣でも2頭の馬車馬がいて、日々馬と触れ合う生活をしていました。馬車馬は足がちょっと短く太い足で、どっしとしていたので、頼もしいという感じでしたね。
最期まで頑張ってくれた馬と営業を続けてくれた方に感謝したいと思います。
また皆様におかれましては長らくご愛顧頂き、誠にありがとうございました。

最期の馬車


昇仙峡 仙娥滝ライトアップ

イベント
08 /02 2017
いよいよ今週末から開催です(^^♪楽しみですね。

昇仙峡 仙娥滝ライトアップ
昇仙峡仙娥滝が幻想の光に包まれる
ライトアップされた仙娥滝の風情を満喫し
マイナスイオンのシャワーを存分に浴びながら
心安らぐひとときを過ごすことができます。
普段とはひと味違った幻想的な滝の姿を見て
ひとときの清涼を味わいませんか。
開催期間:2017年8月4日(金)~8月15日(火) PM9:00まで
場所:昇仙峡仙娥滝
開催期間中は、毎日ライトアップを点灯しています。
お問い合わせ:055-287-2111(芦澤)
主催:昇仙峡観光協会・昇仙峡魅力づくり協議会
注意事項:ライトアップ終了後は真っ暗になるので注意が必要です。駐車場から仙娥滝前は真っ暗です。懐中電灯やヘッドライトをご用意ください。足元は滑りやすいので、ご注意下さい。時間や気持ち・心にゆとりを持って、ゆっくりとお帰り下さい。御協力をお願いします。

220170804仙娥滝ライトアップ

shosenkyokankou

昇仙峡の観光を定期的に発信していきます。ご旅行の計画の参考になりますように。
昇仙峡は甲府市と甲斐市にまたがっています。それぞれの情報も発信しています。